審美歯科とは

審美歯科とは、今までの歯科治療でイメージしやすい虫歯や歯周病の治療など審美という「美」の視点をプラスした歯科治療です。

歯を白く綺麗にしたり、歯並びを綺麗にしたり、歯肉の色を美しいピンク色に改善するなど、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。

そのなかにはホワイトニングや矯正歯科治療も含まれます。

審美歯科治療により歯はもちろん、美しい笑顔を手に入れ、自分に自信を持つことにより、人生をより豊かにし、可能性を広げてくれることが可能です。

タグ:審美歯科
【審美歯科とはの最新記事】

審美歯科治療の種類

一言で審美歯科治療と言っても色々な審美歯科治療があります。

「かぶせもの」では

オールセラミック
メタルボンド
ハイブリッドクラウン
ジルコニアクラウン

「つめもの」では

セラミックインレー
ハイブリッドインレー

その他にも

ラミネートベニヤ
ホワイトニング
クリーニング
ピーリング
矯正歯科
インプラント

など多種多様にわたります。

もちろん、これ以外にも色々な治療法がありますし、新しく開発されてきています。

信頼できる歯科医院でしっかりと相談することが大切ですね。

保険がきかない?

審美歯科治療は単純に「見た目」を良くするというだけでなく、非常に大切な治療にも関わらず、
残念ながら健康保険制度での治療は昔ながらの機能的な歯科治療に偏重しがちであり、審美歯科的な治療を行うには材料などの問題で限界があるのが現状です。

安くはない治療になることが多いので
料金も含めて、しっかりカウンセリングを受けたうえで歯科医院を選ぶことが大切です。

オールセラミックとは

オールセラミッククラウンというのは、名前の通りすべてセラミックで、金属を全く使わない白いかぶせものです。

オールセラミックの良いところは、なんといっても「きれい」だということです。
その透明感や質感は本当の歯のように見えます。

それは、他のクラウンと比較して金属を使わないことにより光が透過するため、透明感のあるきれいな白い歯に見えるのです。

もちろん、金属を使用していないのでどこから見ても白く見えます。

オールセラミックのメリット

オールセラミックのめりっととしては以下のような点があげられます。

【オールセラミックの利点】

・透明感があり見た目がきれい
・金属を使わないので体にやさしい
・金属を使わないので歯肉が黒くならない
・金属を使わないので歯との境目が黒く見えない
・半永久的に色が変わらない
・プラーク(歯垢)など汚れが付きにくい

オールセラミックのデメリット

オールセラミックのデメリットとしては以下のような点があげられます。

【オールセラミックの欠点】

・かぶせものの中でも最も費用がかかることが多い
・金属を使うタイプより衝撃に弱い
・歯を削る量が多い

ただし、オールセラミックにも様々な種類のオールセラミックがあります。
そして、年々デメリットは改良されてきています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。